にほんご人フォーラム2019ベトナム

昨日、ロンドンの宿についた。気温は18度、冷たい雨が降っている。「大変危険な暑さ」という日本とは20度近い開きがある。

8月の初めは、フォーラムの仕事でダナンにいた。アジア6か国の生徒が、「ふるさと」をテーマに演劇的発表を創る。

マレーシア以来の参加だが、さすがに2012年から続く事業とあって、プロジェクト自体が成熟しているで驚いた。4つの混成チームを、ベトナムの先生たちがファシリテートしている。

ご朱印船の遺跡が残る世界遺産の街・ホイアンでの取材が組み込まれている。観光客をターゲットにした語学学習もさかんらしく、小学校の生徒・先生に英語でインタビューされた。

久しぶりに横田先生、金田先生とのチームが復活したのも嬉しいことだったが、今回審査をご一緒したベトナム国立文化大学のチャン先生から、現地の教育事情を詳しくうかがえたのも貴重な経験になった。

コメントは停止中です。