新宿の雑踏にて

「お前は自分を何様だと思っているんだ」と相手を非難する言い方がある。お前には謙虚さのカケラもない、という訳だ。

夕方、新宿駅の西口地下広場を通ると、毛糸の帽子をかぶったおじさんが「お前は俺を何様だと思ってるんだー」とケータイで怒鳴っている。

ん?おそらくこれは「俺を誰だと思ってるんだ。バカにすんじゃねえ」という意味だろう。まちがっても「俺はそれほどの人間じゃあねえ」と叫んでいるのではなさそうである。

それでも何となく気持ちが伝わってくるところが可笑しい。

コメントは停止中です。