江戸っ子の蕎麦―会津八一と岩本素白

浅草から向島側をのぞむ

浅草から向島側をのぞむ

朝日新聞の夕刊(4月22日付)に、波乃久里子さんが浅草「並木 藪蕎麦」のおかめそばを「おつゆは辛くて江戸っ子の味」と紹介している。「両親(十七代目中村勘三郎夫妻)はダラダラ話をするのが嫌いで、さっと食べて、さあ帰りましょうって。味わっていられないですよ」とも。

このコラムを読んで、義父・熊谷幸次郎(早稲田大学名誉教授)から聞いた会津八一と岩本素白の戦前のやり取りを思い出した。あるとき会津八一が、落合に引っ越すことを同僚の岩本素白に話したら、蕎麦好きの素白から「落合にもそば屋はあるのかい」と言われた話だ。義父は、師の会津八一からこの話を聞いている。八一はいささか心外のていで「そば屋くらいあらあな」と義父にいった。

義父の幸次郎は湯島新花町で育ったひとで、本人も江戸っ子の気風をもった蕎麦好きである。池之端の蓮玉庵で素白にでくわしたことがある、とも聞いた。八一と素白が友人同士でなければ、ただの厭味になりかねないエピソードなのだが、二人の関係を知っているとしみじみ味わいがある。幸次郎がこの話を長く記憶していたのは、義父のなかにも素白の諧謔味に通じるものがあるからだろう。

私も並木藪の蕎麦が美味しいと思う。ただ、18歳で上京するまで、おそば屋さんの蕎麦というものを食べたことがなかったから、蕎麦をすする習慣は青年期以降に属するものである。

江戸っ子の好みはいまもってわからないのだが、ようやく“そば屋で一杯”を楽しめる年齢になってきたことだけは嬉しい。

コメントは停止中です。