空間のバランス

この冬、クレーン車を使って秋田の高木を28本伐採してもらった。外周道路に面したケヤキやヒバが主な対象である。

200本のうちの28本だから、本数にするとほんの1割だが、効果のほどは劇的で、こんなに変わるかというくらい屋敷の空気が一変した。一言でいえばスカッと開けた空間になった。

(左側の門柱の横に、今回伐ってもらったヒバの切り株がみえる)

そこで今回は、春の到来を待ちかねて、いつもより早く屋敷の手入れにでかけ、庭の入り口にある門柱の足元に敷石をしいてみた。

もともとこのアプローチは、いまの家に建て替わったとき、両親が茅葺屋根時代の中門を再利用して築いたものだ。正面には自然石を刳りぬいた蹲が据えてある。

ほんの小さな改修だが、これまで庭の現状維持に多くのエネルギーを使ってきたことを考えると、新しい変化の第一歩ということになる。

秋田の庭の手入れをしていると毎回何かしら発見がある。今回は、芽吹きの前とあって、幹から枝先までクッキリ見えるから、いやでも木々の関係性に目がいった。複数の高木が構成する空間のあり方が気になったのだ。

訪問者がわが家の玄関に立つと、母屋の屋根越しにツガ、アカマツ、カエデ、山桜、ケヤキ、杉、ヒバの高木の先端部分が横一線に並んでみえる。いずれも西庭を構成する木々で、この奥行きの深さがわが家の景色の特徴といっていい。

(屋敷の西南側から築山越しに土蔵・北方向を見たもの)

上の写真がそうだが、実際に西庭の奥に足を踏み入れてみると、上述の木々が横一線に並んでいるのではなく、タップリ空間を取って互い違いに配置されているのが分かる。

ただこれだけの高木になると、それぞれの樹木がより大きな空間を占有する必要がでてくる。その結果、中空を分け合うといえば聞こえがいいが、空間を奪い合ううちに微妙なバランスが生まれ、それが景色になっている。

上の写真のアカマツがその典型で、見上げる幹の途中から、ほぼ垂直といっていい角度で真横に伸びる長い枝を確認できる。日の光を求めて、まるでアカマツが自らの意志でまっすぐに腕を伸ばしているかのような姿だ。

こんな具合で、何気なく眺める庭の木々から生態系の不思議が垣間見えてくる。世界の姿を凝縮したものが庭園だと思ってきたが、近ごろますますその感を強くしている。

第18回高校生プレゼンフェスタ

3月26日に江東区の深川江戸資料館で、第18回高校生プレゼンフェスタ「江戸・東京のくらし再発見」があった。今回も8校から集まった30人の高校生が、6チームに分かれて半即興型のプレゼン作りに挑戦した。

深川江戸資料館は年間10万人(うち海外の旅行者1万人)の来場者がある下町巡りの人気スポットである。

この施設との連携は3回目になる。さすがにここまで経験を重ねると、フェスタを運営する獲得研と資料館の間の意思疎通もきわめてスムーズである。

もともと高校生の来場者比率が低いこともあり、その分生徒たちの熱心な反応が、案内してくださるガイドの方たちにも新鮮に映るのだという。

獲得研の側から見ると、博学連携のこのプログラムは、インターハイスクールの交流活動という側面とプログラムを運営する教員自身の研修プログラムの側面という2つの要素を含んでいる。

教員研修の視点からみると、今回も「拍手回し」を創造的に応用した宮崎充治氏(弘前大学)のウォーミングアップ、参加者を巻き込んでプログラムを解説する藤牧朗氏(目黒学院)のガイダンスに、新工夫が施されていた。

教員デモンストレーションは、落語「長屋の花見」をアレンジしたニュースショー形式の発表である。両角桂子氏(所沢北高校)の脚本に、卵1個が現在の価格で400円相当だったという情報などが盛り込まれていて、なるほどと感じ入った。

参加生徒の特徴ということでいえば、もっとも緊張する集合のときから、もう和やかで柔らかい雰囲気を醸しだしていたことがある。

また発表形式の特徴としては、クイズの要素を入れて観客を巻き込む工夫がとくに目立った。似通った形式が多い分、それぞれのチームが発表空間をどうデザインするのか、そのバリエーションが際立ってきて、それも面白かった。

資料館側の全面協力もあって、ハンズオン資料が、発表本番で例年になくたくさん使われたのも今回のフェスタの特徴である。

これまでプレゼン・フェスタの運営にかかわる様々な知見を蓄積してきたが、今回は、例えばイギリスであかり座公演をやるときにこれまでの経験をどう活かせるのか、そんなことに考えながら見ていた。

つまりは日本で開発したプロジェクト学習の方法を海外で実践してみるということなのだが、その実現は、プレゼン・フェスタのもつ可能性に今までとは違った角度から照明をあてることにつながるのではないか、そんな風に感じたことだった。

多文化主義の退潮

イアン・デービス先生(ヨーク大学)から、イギリスで多文化主義が語られなくなったという話があったが、Brexitをめぐる推移をみるにつけて、なるほどと実感できる。

スミス・スクエアにあるヨーロッパハウスを、藤光由子先生のアレンジで見学して、その感をさらに深くした。

階段ホールに、EUの歴代委員長の肖像が掲げられているこのビルは、ルーフトップバルコニーから、ビクトリアタワーやウェストミンスター寺院が間近に望める、まさにロンドンの中心地である。

しかも、ギャラリーと会議場を備えたこの建物は、もともと保守党の所有だったもので、サッチャ―政権が成立したときの記者会見は、まさにこの場所で行われたのだという。このあたり、ヨーロッパハウスに対するEU側の力の入れようが推し量られる。

案内してくれたポール・ケイさんは、ブリュッセルの本部から派遣され、英国に多言語主義を定着させるため、さまざまな企画展を開いたり、パンフレットを編集したりという役割を担ってきた方だが、3月中にこのオフィスをたたんで、ブリュッセルに帰ることになっているのだという。

Brexitは一時的に延期となっているが、さて8月の訪問のときにはどうなっているのか、目が離せない。 –

オックスフォード大学の授業

先日、オックスフォード大学のオリエンタル・インスティテュートで、1年生の日本語クラスを見学させてもらった。担当の西澤芳織先生は、昨年のパリ研修会の参加者である。受講生6人という恵まれた規模で、そのなかに日本語学習歴6年の学生も混じっている。

左が金田先生、右が藤光先生

 この日のテーマは敬語だが、西澤先生の進め方がすこぶる面白い。アルフォンス・デーケンさん、弦念丸呈(ツルネン・マルテイ)さんなどの文章を素材にしてペアワークをやるのだ。作家本人に「なった」学生に、インタビュアー役の学生が質問し、内容を立体的に描き出す。ドラマ技法の「ホット・シーティング」を使った授業である。

3組のペアがそれぞれ会話を終えたところで、「嘘も方便」と「本音と建て前」の境界はどこだろう、という議論になった。ゲストのわれわれも意見を求められたが、さすがに不意をつかれた論点で、思わず知らず熱い議論にまきこまれる結果になった。

後列中央が西澤先生

 ディスカッションを通して気がついたのが、学生たちの背景の多様性である。6人のなかに、フランス系、ルーマニア系、中国系、スコットランド系、日系の学生がいる。議論しているうちにごく自然に比較文化論になっていくので、これがまたなんとも楽しい。

 授業の後、旧知の金田智子先生(学習院大学教授 サバティカルで滞在中)が、発表を担当する研究会にも飛び入り参加させてもらったので、これまでのオックスフォード大学訪問とはまた一味違う展開になった。

教育の方法・技術論の教科書が完成

昨年来、集中して制作に取り組んできた『教育の方法・技術論』(Next教科書シリーズ:全10章+資料編 弘文堂)がようやく完成した。深く美しい色のカバーをまとった本である。各章の執筆者として、日本大学の各学部に所属する教育学関係の先生たち(5名)と獲得研の先生たち(3名)に加わっていただいた。

「教育の方法及び技術」は教職コースの必修科目である。そこで今回は、新しい学習指導要領を視野に入れ、アクティブ・ラーニングについて学ぶだけでなく、実際にアクティブ・ラーニングを経験しながらその指導法も学べる教科書をつくることにした。いわば“入れ子構造”になっているのが、この教科書の特徴の一つである。

 Next教科書シリーズでは、人文・社会系の30科目以上の本がすでに刊行されているが、弘文堂はこのシリーズ以外にも沢山の教科書を出している。さすがに専門出版社だけあって、その編集作業は極めて緻密なものである。

ただ、弘文堂の本といえば、私の中では、河上肇『貧乏物語』、土居健郎『甘えの構造』、大塚久雄・川島武宣・土居健郎『甘えと社会科学』などの印象がつよい。とりわけ、恩師・武田清子先生の初期の代表作『人間観の相剋―近代日本の思想とキリスト教』(1959年)がそうである。

60年の時を隔てて、まさかその弘文堂から、獲得型教育の理念をベースにした教科書をだすことになるとは・・・、届いた本を手にして、不思議の感にとらわれている。

石井英真氏×渡辺貴裕氏の対論


獲得研のHPで報告されているが、12月例会で、石井英真(京都大学大学院准教授)、渡辺貴裕(東京学芸大学教職大学院准教授)両氏の対論があった。いま教育方法学の分野で、もっとも勢いのある40代の研究者たちが「研究する教師×省察する教師」をテーマに語り合ったのだ。

獲得研会員の渡辺貴裕さんの仲介で実現した企画である。お二人は田中耕治先生の門下生で、京大の教育方法学研究室で学生のころから刺激しあってきたらしい。

「教科する授業」など独自の用語やフレームをつくって自在に語る石井さんとご自身の実践を軸に具体的事例を通して省察の概念を深める貴裕さんの研究スタイルの違いがクッキリ見えて、実に楽しい会だった。

両者に共通しているのは、ご自身の理論を、学術論文だけでなく一般書の出版に結びつけて展開していく仕方である。年明けに渡辺氏がだした『授業づくりの考え方』(くろしお出版)にも、貴裕さんの研究スタイルがよく表れている。

学生の模擬授業を素材にして「授業づくりの考え方とそのための学び方の獲得」について考えるこの本は、読みやすいだけでなく”たくらみ”も満載である。小2から小6まで10の模擬授業を素材にして、大学4年生5人(明くん、咲希さん・・・)が語り合い、教師(わたあめ先生なるキャラクターで登場)が絶妙の距離感でアドバイスする。

わたあめ先生の理論的解説と具体的事例とが間然しない書きぶりになっているところに、著者のなみなみならぬ力量がでている。大学の授業実践をベースにしたこの本は、教育方法学における「当事者研究」の新しい成果といってよいだろう。

新年度の卒論ゼミが始動

今日、2019年度の卒論ゼミの顔合わせがあった(1人欠席)。新年度のゼミの特徴は、メンバーの半分にあたる5人が、1年生の基礎論から始まって、3年、4年とずっと私のゼミ生できたことだ。

従って、最初から和気あいあいの雰囲気である。山田みずほさんに幹事になってもらったのだが、こちらから幹事を指名すること自体が初めてのことである。

もう一つの特徴は、メンバーの半分が、アクティブ・ラーニング関連のテーマで論文を書こうとしていることだ。今年もアクティブ・ラーニングで書いた人が何人かいたのだが、それにしてもこれだけ様々な角度から同一テーマで卒論に挑戦するというのも初めてである。

私自身のいまの問題関心とも一致している。春からグループワークを通じて、お互いに刺激しあうことになるが、そこから一体どんな論文が生まれるてくるのか、いまから楽しみである。

竹内好春『本を作って60年―その楽しさときびしさ』

「本を楽しもう会」の竹内好春さん(岩波書店OB)から、自分史『本を作って60年―その楽しさときびしさ』(私家版 142頁)をいただいた。

竹内さんは、1950年に岩波書店に入社、出版部・製作課で本づくりをしていた方だ。製作の仕事というのは、「造本の決定、印刷・製本所への的確な指示と、進行管理を行うこと」らしい。

この本は、ご自身が制作にかかわった作品を編年体で紹介し、その説明として函やカバーのデザイン写真(37頁)と付録(本文組み、図版頁の例 33頁)をつけたものである。いかにも製作畑の人らしく、仕事の軌跡で自分を語るユニークな自分史になっている。

 収載された本のラインナップをみると、古今東西にわたるテーマと言い、文系・理系を問わぬ著者と言い、まさに壮観である。私自身がお世話になった本もたくさん含まれている。

とりわけ印象に残る本には、短いコメントやエピソードが添えてある。せいぜい10行ほどだが、そこに失敗談も人間観察もあってこれが滅法面白い。味わい深いアンソロジー集の趣なのだ。

2003年の『岩波講座 天皇と王権を考える 9・生活世界とフォークロア』(全10冊)にはこんなコメントがある。ちょっと長いが、製作の仕事が分かるので、そのまま引用してみよう。

新刊本の「校了」は、毎回神経を集中する。あらかじめ確認すべき事項がすでに整理されているので、それにしたがって作業を進める。タイトル・著訳者名(新字・旧字に注意)、ページノンブル、柱、改丁・改頁などの確認。目次と本文の照合。その際前付け、後付けはとくに注意する。はしがきが、はじめに、になっていたり、索引が、人名索引になっていたりすることがよくある。大きな文字の誤りに気づかないことがよくある、要注意だ。基本は確実なものと照合することである。これらを終わった後、一休みし、ぼんやりする。このぼんやりが大変大事だ。最後にもう一度、初めから終わりまで、ゆっくり眺めて、「校了」の朱印を捺す。
やがて印刷が終わり、一部抜きが届く。その一部抜きで、全頁もう一度、書名、著者名など、校了時に行った確認作業や、刷の調子などを丁寧に見る。終わりはたいてい奥付を注意深く点検することである。いままでいったいどのくらい奥付をみてきたか。
私は、本を創った人、作った人、造った人、つくった人、そしてツクッタ人が、みんな奥付に集まっているように思う。

通読して、なるほど岩波書店の出版文化というものが、竹内さんのような人たちに支えられて成り立ってきたのか、と想像することができた。同時に、これまでもっぱら著者として本づくりをしてきたが、本というものが、一体どれだけたくさんの人たちの努力でつくられているものなのか、改めて考えさせられた。

どうやら座右の書が一冊、増えたようである。

ドラマ教育とシティズンシップ教育

少し前のことになるが、日英共同研究の一区切りになるセッションがあった。12月6日に東京・田町で行われた「ドラマ教育とシティズンシップ教育のコラボ」(於:キャンパスイノベーションセンター東京 広島大学オフィス)と題する公開研究会である。

イギリス側から、ヨーク大学のI.デービス先生(シティズンシップ教育:写真右側)とN. マッギン先生(ドラマ教育:写真左側)、日本側から池野範男先生(CE)と渡部(DE)が交互に課題意識を報告しあう会だ。


滅法チャレンジングなテーマである上に、山地弘起先生(大学入試センター)など、海外の研究事情を知る人たちもたくさん参加しておられたから、率直な質問が次々にでて、とても刺激的なセッションになった。

これまで、メンバー同士がイギリスと日本を交互に訪問して、学校見学やセミナーをしてきた。4年越しで続けてきた共同研究の成果をそろそろまとめよう、という共通認識が確認されたのが今回の集まりだった。

デービス先生と池野先生の研究交流が起点となってはじまったプロジェクトだが、日英で2冊本がでるとなると、私にとってもこれまでにない経験である。

さてどんな展開になるのか、これからが大いに楽しみになっている。

13回目の新春合宿

今年も成功裏に新春合宿を終えることができた。プログラムは、初日が2本の研究報告―小宅さん・日大一高、宮崎さん・弘前大学―と「獲得研のこれまでとこれから」をテーマにしたディスカッション、そして2日目が恒例の「オトナのプレゼンフェスタ」である。

今回のフェスタは「葛飾北斎の人間と芸術に迫る」というテーマで、早川さんを中心に「すみだ北斎美術館」とのコラボ企画になった。

すみだ北斎美術館は、2016年に開館したばかりとあって、最新のテクノロジーを駆使した展示が特徴であることはもちろん、教育プログラムに力をいれている美術館でもある。

施設見学のあと、東京スポーツ文化館にもどって、発表が行われた。(下の写真:美術館への移動中 院生の蔡くん撮影)

第1グループは、北斎漫画の成り立ちを素材として、北斎の教育者としての側面に光をあてた作品。

第2グループは、90歳まで画業を追求し続けた画狂人・北斎が、人生の節目節目にどう行動したかに注目した作品。

第3グループは、屈原をテーマとする作品の成立過程を手掛かりに、北斎の国際性を描いた作品。

第4グループは、「神奈川沖浪裏図」そのものを擬人化し、絵の側から世界をみると・・・という作品。

できあがったプレゼンは、どれも見応えのあるもので、合宿コーディネーターの初海さんから「これほど粒揃いの作品が並んだのは初めてではないか」という感想がでた。

すみだ北斎美術館館長の橋本先生と学芸員の古藤さんの含蓄に富むコメントからも大いに啓発されて、なるほど博学連携とはこういうことか、と改めて実感できた。

お二人に「年明け早々から合宿とは」と驚かれたが、そう言われてみると、正月合宿が13年間も続いていること自体たしかに驚異的だなあ、と思えてくる。

私にとっては、獲得研の新しい側面が毎年どんどん開発され続けていることの方が、さらに面白いことではあるのだが。