神戸での再会

眼下に神戸港を見下ろす神戸大学附属中等教育学校には、学会の研究会や教員研修会で何度かお邪魔している。

DSC00002

今回は、研究会が終わった午後5時に、旧知の斎藤容子さん(ICU高校8期生 旧姓:福田さん)が迎えにきてくれた。容子さんのお嬢さん二人がこの学校の在校生で、しかもちょうどこの日に、長女・寛子さんの大学推薦が決まったというから、これは奇縁というほかない。(左が斎藤さん、中央が吉村さん)

斎藤さんは、私の人生の転機になった『海外帰国生―日本の教育への提案』(太郎次郎社 1990)に、ブローニュ市郊外での教育体験を「フランス語の教育が学校教育の基礎」というタイトルで寄稿してくれた人である。

学校から歩いて急坂をくだり、御影駅からほど近いモダンなお宅で昔話に花を咲かせているところに、関西学院大学での授業を終えた吉村祥子さん(ICU高校7期生)が合流、さらに話題が沸騰した。吉村さんが高校時代にプレゼントしてくれた小石原焼の湯飲みは、いまもわが家の食卓で活躍している。

(下の写真は、学校から斎藤邸に向かう途中の夜景)

DSC00001

なかでも印象的だったのは、容子さんが、一緒にいった奈良・京都の旅をじつに詳細に記憶してくれていたことだ。ICU高校を卒業する容子さんと冨田麻理さん(西南学院大学)の二人を、私たち夫婦で、ガイドして回った旅のことである。

もう30年も前のことだから、それだけでも驚きなのに、いまは容子さん自身が、フランス人家族旅行者のために、奈良・京都の観光ガイドをしているという。あのときの旅が、こうした形でつながっている、そのことにも感銘を受けた。

近くのレストランで美味しい夕食を頂戴して戻ると、ご亭主の斎藤正寿さん(兵庫大学)も帰宅しておられて、さらに話題が、教育やら建築やらに展開していくからとどまることを知らない。ご夫婦の温かいもてなしのなせる業だろう。気がつけば時刻も12時になっている。

容子さんに会ってから、かれこれ7時間もおしゃべりを続けたことになる。慌ててつぎの再会を約し、吉村さんは西宮方面、私は三ノ宮方面への阪急電車に乗ったのだった。

藤田節子先生の個展

DSC00002

美術家として、教師であることと実作者であることを両立させるのは、相当難しいことではないかと想像している。それをみごとに両立させてきたのが藤田節子先生だ。

女子美の卒業生仲間と、1962年から、2年に1回のペースで「グループ集展」をはじめ、それが昨年まで続いたというから、ゆうに50年以上である。

2007年に日洋展に“冷雨の木立”(100号 写真の作品)を初出品するや、たちまち「日洋賞」を受賞、2010年に出品した“夏の川辺”(100号)は、今年まで総理大臣官邸の壁に飾られていた。

DSC00001

藤田さんといえば、鋭く研ぎ澄まされた構図、寒色系の色合いの強い静物画を中心とした理知的な画風の方という印象である。しかし、60代半ばころからだろうか。画面に湿潤な空気感の漂う、緻密さに自在さの加わった風景画がふえていったように思う。

下の写真は、わが家の玄関にある藤田さんの静物画 背景のブルーの微妙な諧調に、その緻密な画風がよくあらわれている。

DSC00003

今回の個展(銀座・ギャラリー青羅)にも、ヨーロッパや石垣島の風景画が多く選ばれている。「2学期の成績をつけ終えてから旅にでるので、どうしても冬景色が多くなるんです」と藤田さんがおっしゃっているが、なるほど美術教師の仕事をきちんとしてこられた方の発言だと感じた。

絵の指導ということでいえば、ICU高校の学校祭で、藤田先生が指導する美術部の作品展示「節子の部屋」は20年以上続いたはずである。昨日も、高校や絵画教室の教え子さんたちがたくさんつめかけていた。

ご自分の好きな一筋の道を、60年の長きにわたって歩き続けてきた藤田さんの人生の充実感を、展観するこちらの側も一緒に感じることができる、なんとも幸せな展覧会だった。

庭の好み―旧三井家下鴨別邸

若いころからいわゆる名園とよばれる庭をずいぶん見てきたが、この頃になって、庭の味わい方に変化がでてきたようだ。

DSC00005

一つは、自分の庭の好みがだんだんはっきりしてきたことで、例えばそれは、閉じた空間の庭よりも借景に開かれた庭、名石が見どころの庭よりも刈込がメインの庭により心地良さを感じるといったようなことだ。

DSC00004

その伝でいうと、桂離宮よりも修学院離宮、醍醐寺三宝院よりも頼久寺の庭園ということになる。石川丈山の詩仙堂が好きなのもそうした理由とつながっているだろう。

DSC00002

イギリスの風景式庭園のなかにもいくつか好きな庭があるが、だからといって決して自然そのままの景観がいいということでもない。イギリスの風景式庭園の景観は、大土木工事でつくられていることが多いからだ。

DSC00003

こうした好みのことを、どう言葉で表現したものか考えているのだが、まだ適当な表現が思いつかない。広いか狭いかというよりも、それが清々するような空間かどうかということだろう。

DSC00007

もう一つは、庭のディテールが面白くなってきたことだ。こちらの方は理由がはっきりしている。自分が庭の管理をするようになったからである。庭つくりの文法にかかわる、石組み、植栽、剪定の仕方といったものはもちろん気になるが、それが手入れがしやすい庭なのか手のかかる庭なのかといったような、マネージメントする側の視点でもみるようになった。

DSC00006

そのせいで若いころよりも、かえって味わいが深まったように思う。天下の名園ならずとも、どんな地方のどんな庭にも、それなりに参考になるところが必ずあるからだ。

DSC00008

今回の京都訪問でいうと、下鴨神社の南に位置する「旧三井家下鴨別邸」の庭が面白かった。観光客がひきもきらないあの鴨川デルタのすぐそばに、広大な敷地が広がっていて、糺の森を思わせる高木に囲まれた空間がつくりだす雰囲気には独特のものがある。

DSC00001

おかげで無鄰菴をはじめて訪問したときに感じたのと同じあの新鮮な驚きの感覚を、ほとんど40年ぶりに味わうことができた。

(上の写真は、隣接する葵公園の尾上松之助”目玉の松ちゃん”像。銘文を蜷川虎三知事が書き、福祉事業への松ちゃんの貢献を讃えている。)

下津井港と北前船

 

DSC00005

「岡山空港開港30周年記念 まち・ひと・しごと未来創造ビジネスプランコンテスト」(県内の商業高校生によるグループ・プレゼンテーション)の審査にきたついでに、下津井節で知られる下津井港を訪ねてみることにした。

それにしても生徒たちの発表は、夏の研修会からの短期間で、彼らが目覚ましい成長を遂げたことを実感させる素晴らしいものだった。

コンテストで選ばれた3校(岡山後楽館高校、倉敷商業、津山商業)の生徒たちが上京し、12月16日(土)に新橋駅からすぐのアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」で取り組みの成果を披露することになっている。

下津井港までは鉄道の便がないので、JRの児島駅をでて鷲羽山を経由する巡回バスでいった。

DSC00002

その昔、北前船が北海道から運んでくるニシン粕が下津井港で陸揚げされ、児島湾の干拓地で栽培される綿やイグサの肥料になった。それがめぐりめぐって倉敷の綿業(ジーンズなど)の今日の隆盛につながることになる。綿は塩分を含んだ土地でもよく育ったのだという。

すでに幕末の時点で、9200haも干拓されていたというから、肥料の需要量の方も相当なものだったろう。北前船の盛期は明治10年ころだが、今でも当時使われていた井戸やら蔵やらが通りのあちこちに残っている。そのせいで、下津井の町そのものがタイムカプセルの風情である。

DSC00004

日露戦争のあと、船の動力化と化学肥料の普及が進んで、北前船の寄港がぱったり途絶え、港に軒を連ねていた問屋衆も転業を迫られることになった。

DSC00003

いまは資料館「むかし下津井回船問屋」になっている高松屋のこの屋敷も、大正期には足袋製造、昭和に入って学生服の製造場になっていたのだという。

子どものころ地理で児島湾の干拓について習ったが、長じて、こんな形で過去の記憶とつながったことも不思議なら、そもそも20年近くも、岡山県の教育にかかわることになったこと自体が不思議である。

加えて、今回はもう一つ不思議なことがあった。雑談のなかで、JALの側からコンテストの審査に加わっていた内海茂さん(岡山空港所・空港所長)が、ICU高校の3期生で、ドイツからの帰国生と判明したことだ。

DSC00001

写真でみるとどっちが年長者か分からないくらい恰幅のいい内海さんだが、3年生のときの政経レポートで、新聞記事を駆使して「パレスチナ問題」について論文を書いたときのことを懐かしく記憶してくれていて、私にはそれがまた嬉しいことだった。

冬支度5

DSC00002

秋田の庭であいかわわらずヒバと格闘している。今回は、直径15センチほどの立ち木を、20本ばかり間伐し、直径30センチ近い大枝の枝打ちもしたから、作業を終えたときには、まるで屋敷中が戦場のようなあり様になった。

DSC00001

千葉から合流した妹が電動チェーンソーをふるって奮闘したのだが、若いころ合気道で鳴らしただけあって、身体操法が見事である。重心の移動がスムーズなのだ。

おかげでこんなに広い庭だったのかと思うほど、屋敷まわりがスッキリ明るくなった。鬱蒼と茂ったツバキを切ったら、地面から、実におだやかな円相の庭石が顔をだした。陶芸の辻清明さんの代表作「信楽大合子 天心」の頂上部を一回り大きくしたような、みごとな丸みである。

DSC00003

一方、私の方はというと、よほど仕事の段取りに気をとられていたのだろう。上着とズボン一式を、宿におき忘れてしまったらしい。おかげで帰京しようとしたら、ジャージに黒の革靴といういささか間抜けな格好ができあがった。

さてどうしたものか。かといって、慌てて洋服をかうのも業腹である。そこでスポーツ関係者の方々には申し訳ないことだが、心のなかで「スポーツ大会の引率の帰りでこんな格好なんです」という勝手な設定をつくり、その気分のまま新幹線に乗り込むことにした。

帰宅した私の姿をみたワイフが、お腹をかかえて笑ったことは言うまでもない。

口縄坂

気になっていてもなかなか訪れる機会がない、という場所がいくつかある。大阪上町台地の坂道もその一つだ。地図で見ると、谷町筋から松屋町筋の方に向かって下る坂が何本もある。

DSC00006

近くに講演にきたついでに、一つだけ坂道を歩いてみることにした。

DSC00001

歴史散歩をする年配者がたくさんいて、日盛りのなかを幾組も歩いている。そのあたりは東京の都心を散歩するのと同じ雰囲気だ。

DSC00004

ここ口縄坂を上ると、織田作之助「木の都」の文学碑がある。

DSC00005

近くの寺に、私の好きな田能村竹田の墓もある。

DSC00002

お詣りにきていたご夫婦に、入り口で竹田のお墓の場所を尋ねたら、あいにく知りませんという。

DSC00003

まあ、興味がないとそんなものかもしれないなあ、と思った。

札幌・小樽研修旅行

DSC00001

大学院「教育内容論」ゼミの研修旅行は、北海道開拓史がテーマだった。このテーマは、2014年以来である。

DSC00011

時あたかも「札幌国際芸術祭2017」の時期とあって、札幌駅の雰囲気もいつもと違っている。

今回も初日に、札幌農学校の演武場だったという時計台を訪ねたのを皮切りに、旧北海道庁の文書館で、屯田兵関係の資料を見せてもらった。

DSC00002

DSC00003
2日目は小樽。北前船関係では、旧佐藤家の鰊御殿(積丹の泊村から移設)、旧青山家別邸(青山家の鰊御殿は札幌にある「開拓の村」に移築)をみた。


DSC00004
DSC00005
DSC00006


DSC00007

さらに幌内炭鉱から小樽港に石炭を移送するのに活躍した鉄道遺産を訪問。(ここにある旧手宮駅の扇型車庫、転車台などは重文)

DSC00008

DSC00009
船舶輸送の関係では、日露戦争後に樺太分割の会議の開かれた旧日本郵船株式会社小樽支店の建物も案内してもらった。(これも重文)

 


DSC00010

3日目には、改装なった北海道大学総合博物館も訪ねたから、実に盛りだくさんのプログラムである。

今年は、色んな事情で2年生が参加できなかったため、1年生だけの旅になった。日本人は幹事の近藤くんのみ、あとは李くん、楊さん、欧さん、秦さんといずれも中国からの留学生という異色のチームだった。
DSC00012

改めて写真を見返してみると、5人のポーズが日を追ってリラックスしていくのがわかる。お互いの関係がどんどん近くなったことを象徴しているようだ。

津山再訪

DSC00002

獲得研夏のセミナーに先立ち、8月3日から5日まで、津山市を再訪した。岡山県内の商業高校が参加する「マーケティング分野生徒対象研修会」のためだ。(上は、津山高校、下は4校連携の発表会)

DSC00001

出会ったばかり生徒たちが、チームを組んで城西・城東地区のフィールドワークにでかけ、そこでえた情報を編集して、その日のうちに観光プランを発表する。この半即興プレゼンのコンセプトは去年と同じだ。

DSC00003

ただ、今年が会場校となる槇野滋子先生(津山商業高校校長)の最終年度ということで、ひときわ力の入ったプログラムだった。

DSC00004

おかげで、重要文化財になっている津山高校のホールで、市内4校の生徒たちが地域創生をテーマにつくった討論劇を観たり、鶴山公園で石垣の素晴らしい景色をじっくり味わったりできた。

DSC00005

今年の特徴は、委員だけでなく各校の引率の先生たちが大活躍したことだ。猛暑のなかを生徒たちの取材に同行し、発表のコメンテーターの役も引き受けてくれた。

DSC00006

ふり返りの時間が圧巻だった。半即興のプログラムにして、こんな深いところまで考えられるものなのか、と関係者一同仰天させられたのだ。居合わせた教師はみな、これこそが教師冥利だ、と感じたことだった。

DSC00007

秋には今回参加した生徒たちが岡山市内で再会し、コンテスト形式で発表する。はたしてどんな成長を見せてくれるのか、いまから大いに楽しみである。

DSC00008

東京の再会

IMG_2407

八面六臂の活躍というのだろう。一時帰国中の藤光由子先生(パリ日本文化会館日本語教育アドバイザー)のことだ。

今回の獲得研セミナーでは、午前中の全体会でご自身がコーディネートした「第1回全仏高校生日本語プレゼンテーション大会」について報告、午後の分科会「インタビューからプレゼンへ」でも、リソース・パーソンとして、自分史を語ってくださった。

北海道大学で国際政治学を学んでいた藤光さんが、日本語教育の大切さに気づくようになったきっかけ、中国からの留学生であった現在のご亭主・施さんとの出会い、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンなどでの専門家としての仕事・・・、限られた時間ではあったが、起伏に富む人生の物語を率直に語って、参加者に強い印象を残した。

今春、パリで行われたプレゼン大会の詳細は、いまも日本文化会館のホームページで見ることができる。内容はもちろんのこと、影絵などさまざまな技法を使った各チームのグループ・プレゼンテーションは、発表スタイルの面でも見事なものだ。このプロジェクトひとつとっても、日本語教育にかける藤光先生の情熱の大きさと緻密さを推しはかるのに十分である。

http://www.mcjp.fr/ja/la-mcjp/actualites/1

藤光さん・施さん夫妻は、短い東京滞在の貴重な時間、そのかなりの部分を今回の発表準備に費やし、一陣の爽やかな風をセミナーに送って、パリに帰任したのだった。

第12回獲得研夏のセミナー終了

総勢100名を越す参加者が集い、大盛況のうちに12回目のセミナーが終了した。北海道から九州まで、全国各地から参加があり、なかにはメキシコや中国などから一時帰国中の方たちもいた。

DSC00015

今年の参加者の特徴でいうと、なんといっても初参加の方の比重が高かったこと、またいろんな大学から学生・院生の参加があったことがあげられる。

DSC00016

写真係として、8つの分科会をすべて見て回ったが、レンズ越しにも、いつもとは一味違う新鮮な空気感が感じられた。

DSC00017

ただ、さすがに12回目のセミナーともなると、ごく自然に安心の空間が作られているようである。効果的なウォーミングアップのおかげで、ぎくしゃくした感じは少しもなく、初参加の方たちも実にのびのび振る舞っている。

DSC00018

昨年もそうだったが、パーティーがはねても、会場でおしゃべりを続ける方たちがたくさんいた。立ち去りがたい思いが残るのだ。その光景がセミナー全体の雰囲気を象徴的している。

DSC00019

「インタビューからプレゼンへ」など、新機軸の企画がたくさんあったことも含めて、獲得研の今後にとって大きな転機となるセミナーだったように思う。

DSC00020

これからアンケートの結果やメンバーのふり返りの内容を持ち寄り、いろんな角度から総括作業を進めることになる。いま進行中の「獲得研シリーズ」第4巻の編集作業も含めて、夏休みにしかできない仕事をゆっくり楽しみたいと思う。