スイスでのワークショップ

スイスの首都ベルンから、昨夜ロンドンに戻った。2泊3日の短くそして波乱万丈の出張だった。

スイス日本語教師の会が主催する「第24回秋のセミナー」(会場:在スイス日本国大使館本館多目的ホール)で講演+ワークショップをすることになり、藤光先生と一緒にでかけたのだ。

参加者は60名で、会場がぎりぎり満杯の状態だという。中にはパリから夜行バスで参加される方もいるらしい。なにしろワークショップ向きの人数ではないし、広さも十分とは言えない。天気が雨だと、外の空間も使えない。しかも、私のようなタイプの講演会は、今回が初めてだというではないか。ここまで不確実な要素の多い講演というのは、さすがにやったことがない。

しかし、会長であるカイザー青木睦子先生の念力が通じたのだろうか。どしゃぶりの一日だったにもかかわらず、晴れ間をぬって前庭も活用できた。ベテランから初参加の方までとても和やかな雰囲気の会だったこと、そして役員の方々の奮闘、日本広報文化センターの下飼手所長をはじめとする大使館の全面協力、藤光先生の絶妙なアシストがあって、難条件の数々をなんとかクリアできた。

ベルンの訪問は、42年ぶりになる。若いころに、ルソーの旧蹟をたどって、ジュネーブ、ヌーシャテル、ビエンヌ湖そしてベルンまできたことがあったのだ。その頃の記憶はすっかり薄れていたが、会の役員のなぎささん(ICU高校6期生)に案内してもらって、アーレ川を見下ろす大聖堂の横の公園に立った瞬間、そのときの記憶がはっきりよみがえってきた。

世界遺産の町と豊かな水量をもつアーレ川のつながりの深さを実感したのは、水温が18度あたりになると、人々が水着で川流れをする、という話を聞いたからだ。袋にいれた洋服と一緒に流れてきて、そのまま出勤する人もいるというから凄い。

ほんの3日間だったが、その間に、30年間に及ぶ継承語教育や成人教育の紆余曲折を知ることができた。スイスの先生たちの創意的な取り組みを、自分なりに消化するには、もう少し時間がかかりそうである。

カステル・コッホ―中世風の城

カーディフにきた目的の一つは、カステル・コッホ(Castell Coch コッホ城、赤い城)の訪問である。地元では、カステル・コーホと発音する人が多いようだ。

19世紀に石炭で富をなし、当時世界一の金持ちといわれた第3代ビュート侯(1847‐1900)と建築家バージェスの手になる中世の城である。正確には、廃墟になった城をビクトリア時代にリニューアルし、13世紀風の意匠そのままに再建(創建)したものである。

バージェスが日本美術の熱烈な信奉者で、その弟子が日本にやってきて鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルということになる。

目指す城はカーディフの町から路線バスで20分余り、タフ渓谷の森の中にある。バスを降りて上り坂を20分ほど歩く。

一緒にバスを降りた同年配のご夫婦と3人で、ふうふう言いながら坂を登った。近郊からきたご夫婦らしい。ご婦人の方が私のカバンに目をつけて、それは日本製かと聞く。たしかに、観光地に革鞄で来る人などいないので、目立つのかもしれない。

医者の娘さんも同じようなカバンをもっているという。それで自然にこちらの仕事の話になり、なんでわざわざ「イギリスから学ぶことなんて何もないでしょう?」と断言する。

うーん、そうきたか。確かに、今のイギリスは問題が多いが、ちょっと面倒なので、話題をそらすことにした。

城内に足を踏み入れると、サイズ感が狂った感じになる。思ったよりもずっと小さい空間なのだ。

3つの塔(Keep Tower, Kitchen Tower, Well Tower)をつなぐ回廊が、小さな広場を囲んでいる。螺旋階段の踏み板が小さくて、注意しないとすぐに足を踏み外しそうになる。

内装をみると、たしかに中世の城とはこんなものか、というイメージそのままである。ノイシュヴァンシュタイン城の例もあるので、てっきりビュート侯も、奇想の人、偏屈な趣味の持ち主かと思っていた。

こわいもの見たさ半分の気分でいたのだが、しかし、どうもそうした悲劇とは無縁のようである。ご本人の没後も、夫人がこの別荘を訪ねて滞在したという。。

それにしても、調度品、壁画、彫刻などの細部が凝りに凝っている。凄い情熱である。扉や手すり、窓枠のアイアンワークも素晴らしい。

中世趣味まっしぐらという感じで、大金持ちの趣味としてこれはありかも、と思えてきた。歴史博物館としてみても面白いし、あるいは3つの寝室(妻、夫、娘)をもつコンパクトなリゾート・マンションといっても良いのではないか。

訪問者が少ないせいもあるが、ノイシュヴァンシュタイン城などと違って、とにかく見学者を放っておいてくれるのがありがたい。

わたしは、3つの塔を登ったり下りたりして、ゆっくり城内を2周した。おかげで石壁の質感や細部の意匠まで存分に楽しむことができた。

ここまできた甲斐があるというものだ。

ロンドンでの再会とこれから

再びロンドンを離れ、ウェールズの首都カーディフの宿に着いた。道路を隔てて、窓の外に、カーディフ城の城壁がみえる。

昨日は、とりわけ記憶に残る一日になった。ヨーロッパにおける獲得型教育の展開が、一つのエポックを刻んだと実感されたからだ。

藤光先生を中心とする2017年、2018年のパリ研修会のメンバーが、その後の研鑽の成果を、週末にあった「第23回AJEヨーロッパ日本語教育シンポジウム」(ベオグラード大学)で、パネル発表した。全体タイトルは「演劇的手法を活用した『参加し、表現する学び』~欧州教師研修、継承語教育、高等教育、成人教育の現場への展開」である。

時本先生(サピエンツァ ローマ大学)、植原先生(ベルリン日独センター)、西澤先生(オックスフォード大学)たちが、わざわざロンドンまで、当日の様子とこれまでの経緯を報告にきてくれた。

下の写真:(ウェストミンスター・スクールで教えておられたミラー浩子先生に、テート・ブリテンのラファエロ前派のガイドをしていただいた後、ジャパンハウスの安野光雅展を見学。)

その密度の濃い研鑽の歩みをたっぷり聞かせてもらううち、メンバーの発表が、当日の参加者に圧倒的な印象を残しただろうことが、容易に想像できた。聞けば、もう次の展開を模索しているらしい。

この先生たちの情熱は、いったいどこから来ているものなのか、では、私にどんなサポートができるのか。

前日の楽しい余韻を味わいながら、考え考え飲みすすむうち、ついつい深酒してしまった。珍しいことである。

ロンドンの2つの日本庭園

仕事の合間をぬってキューガーデンの日本庭園とホランドパークの京都庭園を訪ねた。

閑散とした時期しか知らないので、こんなに人気スポットだったのかと驚いた。

松、モミジ、石組、石灯篭、蹲、刈込のアプローチ、延べ段などが揃っていて、どちらも本格的な日本庭園である。

キューガーデンはちょうど夏のイベントの最中で、ガラス工芸のインスタレーションが、あちこちを飾っている。

Temperate Houseの花の作品群もよかったが、日本庭園のNiijima Floatと題した球形の作品群がまた新鮮だった。

枯山水の水墨風の色合いの中に、極彩色の作品が置かれているから、その配置の具合、色合いと質感のコントラストがなんともいえず楽しい。

ホランドパークの京都公園にいたっては、滝組からとうとうと水が流れていて、その先に立派な州浜までついた池があるから、実に立派なものである。

こちらは夏休みの最後の週とあって、子どもたちが次々とやってきては、池の水に手を突っ込んでかき回している。どうも池でおよぐ鯉の方に関心があるようだ。日本庭園の気取りとは無縁の雰囲気である。

イギリスでは、飛沫をあげて水が流れおちる小川に触れる機会などないだろうから、われわれが想像する以上に、子どもたちが興奮するのかも知れない。

どちらの庭も大きな公園の一角にあり、外の景観とつながっている。いやでも見慣れたものとは異なる種類の樹木が目に入ってくるが、その景色も地域性のひとつだとみると、そんなに違和感がない。

日本庭園も存外普遍性があるのではないか、そんな気がしてきた。

邸宅(庭園)にかける情熱

一週間ぶりにロンドンに戻った。今回のテーマの一つは英国庭園である。トーベイでは、なんといってもクリスティーのグリーンウェイが有名だが、こことナショナルトラストが管理するもう一つの庭園であるコールトン・フィッシュエーカー(Coleton Fishacre)の2か所を見学した。

コールトン・フィッシュエーカーは、はじめて訪問した場所だったこともあって、ことさら印象に残った。1920年代から30年代に、10数年かけて大きな谷を丸ごと開発した別荘である。

つくったのは、サボイホテルの経営者でオペラ劇団(例のミカドを上演した劇団)のマネージャーだったRupert D’Oyly Carte の家族だ。

石造りの建物は、全館みごとにアール・デコ様式で統一されている。


1920年代、造営当初の記録写真をみると、20エーカーもあるただの大きな牧草地である。


ここに仮設のレールを引き、谷底から石を運びあげて、石段と建物を作った。谷底に水流をうがち、いくつかの池もつくっている。なんだか凄いエネルギーのかけかただ。

われわれにいわゆる庭とみえるのは、広い芝生にウォールガーデンがついたWellington’s Wall and Bowling Green Lawn と小さな水流の源付近にあるThe Rill Gardenくらいなものである。

あとは谷の両側の傾斜を利用した雄大な散策路(=庭)といった方が適当だろう。

散策路がまっすぐに海に駆け下る谷の両側にあるため、歩き回るのに相応の脚力がいる。


その代わり、巨大なチューリップ・ツリーがそびえたつ広場や海上に浮かぶ小島を見下ろす四阿など、変化に富む景観が楽しめる。


水際にモミジが連なっているかと思えば大きな杉の木が林立していたり、はては金魚が遊ぶ睡蓮の池やササヤブまであるから、なんだか親しみさえも感じる。


自然の力がもちろん大きいが、たった100年の間に、これだけ味わい深い空間ができていくのだから、歴代の住み手たちが、この邸宅にどれほどの情熱を注いできたことだろう。

こうしてみると、景観というものが、時間をかけて育てていくものだということがよく分かる。

 

トーキー博物館

英国南西部のデボン州にあるトーキー博物館を久しぶりに訪ねた。2008年に、ここで「日本におけるアガサ・クリスティー」と題する講演をして以来だから、11年ぶりということになる。


バンクホリデーということもあって、ヨットハーバーのあたりは、わんわんの人だかりだが、ほんの5分坂を登ってきただけで、このあたりは閑散としている。

どうもロンドンを離れると、フレンドリーな人の率が高くなる気がする。今朝もブリクサムのバスセンターに立っていたら、これからダートマスにいくという84歳の元気なご老人に握手を求められた。ちょっと驚いたが、こちらの友人の解釈によると「ようこそブリクサムへ」という歓迎の気持ちだろうという。

博物館の人たちもことごとく親切である。ミュージアム・カフェのマスターが、ブラスバンドのトロンボーン奏者だそうで、クリーム・ティー(これが美味しい)のミルクやお湯をさかんに追加してくれる。

こちらがクリスティーに興味がありそうと見るや、ナショナル・トラストのグリーンウェイ(彼女の別荘)でボランティアをしている人を紹介してくれた。

この人がまた話好きで、聞けば、ロンドン生まれのロンドン育ち、IT企業で働いて、大西洋をビジネスクラスで往復する仕事をしていたらしいが、40代でスパッと辞めて、ボランティア暮らしをしているのだという。日本人にはちょっと考えにくいライフ・スタイルである。

時間に余裕があるせいなのか、土地柄がそうさせるのか、あるいはそういう人が集まってくるからなのか、ともかくフレンドリーな人によく出会う。

トーベイ(トーキー、ペイントン、ブリクサムあたりの総称)には何度か来ているが、なるほどここはイングリッシュ・リビエラだわい、と今回改めて感じたことだった。

Ryeー中世の面影を残す町

ロンドンを離れて、しばらくは英国の南東部、南西部の町々を訪ねる。昨日は、ロンドン・ビクトリア駅から南東に2時間ほど、イースト・エセックスにある町ライについた。


14世紀の建物があることで知られるが、丘上にある町全体が、中世以来の様々な様式の建築物で彩られている。17世紀に作られたグラマー・スクール(現在はレコード店)もある。どうも英国人の郷愁を誘う町らしく、年配の観光客が多い印象である。

駅に降りると、まずは地図を入手するのだが、インフォメーションが見当たらない。窓口に一人ぽつねんと座っている駅員さんが、フリー・タウンマップと書かれた手描きの地図のコピーをくれた。

ホテルは、駅から斜面をあがって徒歩5分。そこがもう観光スポットの中心地付近である。それほど小さな町だ。

部屋に入って最初に感じたのは「まいったなあ。観光シーズンに、観光地の真ん中に飛び込んでしまった」ということ。案内されたのは、一人旅に似つかわしくない大きくてロマンチックな部屋である。

建物の2階正面に位置し、張り出しスペースにベランダまでついている。あまつさえ昼間からシャンデリアが燦然と輝いている。前の通りをぞろぞろ観光客が通るから、なんだかショーウィンドーのなかで暮らすような具合である。

しかし、夜になると嘘のように人影がぱたりと途絶えた。こうなると丘の上の静かなホテルである。それで、以前、津和野の町に泊まった時のことを思い出した。

そのかわり、朝の散歩が素晴らしい。人っ子一人いない町を歩いていると、昼間は見えなかった、建物の細部や街並みのつながり具合がとても良く分かる。

それで、人ごみの多い昼間をさけ、朝と夕方の見学に時間を割くことにした。

そうなると現金なもので、こういう部屋も悪くないなあ、という気がしてくる。なにしろシャンデリアが無闇に明るいので、夜中でも仕事ができる。バスルームにいたっては、ひょっとしてロンドンで泊まっている宿の部屋より広いのではないか。

窓外の景色が素晴らしい。眼下に芝生の広い公園、その向こうにライ繁栄の礎となる海運を支えたRother川、さらにその向こうに、羊のいる牧場が果てしなく続いている。


なんだかもうしばらく滞在してもいいなあ、なんて思うようになってくるのだから、勝手なものである。

 

藤光先生宅を訪問

ロンドンの藤光先生のお宅で、施さんの手料理をごちそうになった。テーマは「初秋」。中華料理をベースに、和洋中が融合した独特の世界観をもつ全7品の料理だ。

パリでもそうだったが、地元食材を徹底的に探索し、そこから料理のイメージを膨らませるらしい。

今回も、地元のエビに上海から持ち込んだ白茶の風味をきかせて仕上げた料理、西洋のクワイと数々のキノコをとりあわせた炒め物、カモ肉のローストに味噌ベースのソースをあわせた一皿などが次々に登場する。デザートには手作りのコンポートがつく。いずれも絶品である。

たった一人の来客のために料理に名前をつけ、手書きのメニューを添える。茶の心に通じるもてなしである。

実は、ロンドンに落ち着いた途端、日ごろの疲れがドッと出て、食欲までなくしていた。

ところが、施さんのお料理を食べ進むうち、自然に身体が整ってくるように感じるから不思議である。

今朝から、食欲もちゃんと戻っていた。

にほんご人フォーラム2019ベトナム

昨日、ロンドンの宿についた。気温は18度、冷たい雨が降っている。「大変危険な暑さ」という日本とは20度近い開きがある。

8月の初めは、フォーラムの仕事でダナンにいた。アジア6か国の生徒が、「ふるさと」をテーマに演劇的発表を創る。

マレーシア以来の参加だが、さすがに2012年から続く事業とあって、プロジェクト自体が成熟しているで驚いた。4つの混成チームを、ベトナムの先生たちがファシリテートしている。

ご朱印船の遺跡が残る世界遺産の街・ホイアンでの取材が組み込まれている。観光客をターゲットにした語学学習もさかんらしく、小学校の生徒・先生に英語でインタビューされた。

久しぶりに横田先生、金田先生とのチームが復活したのも嬉しいことだったが、今回審査をご一緒したベトナム国立文化大学のチャン先生から、現地の教育事情を詳しくうかがえたのも貴重な経験になった。

第14回獲得研夏のセミナー

2カ月間、ブログのアップもままならず、そのまま夏に突入してしまった。忙しさがいまも続いている。

8月7日(水)のセミナーに合わせて、6日にベトナムから帰国した。

それにしても、8本のワークショップは壮観だった。実力も経験も十分なメンバーばかりだから、参加した方々の満足度ももちろん高い。

このままのパッケージで全国行脚をしたら、相当なインパクトになりそうだ。

午前の全体会では、若手の2人-小菅さんのウォーミングアップ、小宅さんの実践報告-が大活躍。これまで壮年のメンバーを中心にプログラムを組んできたが、そうか、教育学科の卒業生が活躍する時代になったんだ、という感慨があった。

今回は、ICU高校の卒業生・ペレラ柴田奈津子さん(ロンドン大学)と数10年ぶりの再会、人生の出会いの不思議をあらためて実感したセミナーでもあった。

間もなく欧州出張にでるので、今夏はとりわけハードな日程になっている。