獲得研ホームページへ ようこそ!

獲得研からのお知らせ

獲得研代表・渡部淳教授の逝去

去る1月20日に、獲得研代表である渡部淳・日本大学教授が急逝されました。まだ68歳でした。昨年ほぼ1年間を費やし、心血を注いで書き上げた新刊『アクティブ・ラーニングとは何か』の発売前日のことでした。代表はこの新刊が社会にどう受け入れられるのか、とても楽しみにしていました。日本の教育のために今後ますます貢献・活躍していただきたかった代表の存在を失い、本当に残念でなりません。
1月26日のお通夜、27日の告別式には同僚、学生をはじめとする大学関係者、知人友人の皆さんが大勢参列し別れを惜しみました。

獲得研は継続して活動を続けます

創立15年目を迎えた獲得研では、渡部代表の志を引き継ぎ、これからも活動を続けることになりました。新たに宮崎充治・弘前大学教授が代表代行となり、活動していきます。運営委員会では2020年度の獲得研活動の重点として、次の2点を決定しました。
第1に渡部代表の残されたものは何であったのか、著作をもとに学習することに取り組みます。月例会で遺著となった『アクティブ・ラーニングとは何か』の連続学習会をおこないます。
第2にすでに計画されていた事業や課題を遂行します。すでに計画されていたロンドンにおける日本語教師研修への協力、恒例の夏のセミナー、高校生プレゼンフェスタなどの諸企画に取り組みます。
獲得研主催の企画セミナーなど、今年も皆様にご案内をさせていただきます。今後とも、獲得研の活動にご協力をどうかよろしくお願いいたします。


2019年8月「第14回夏のセミナー」の様子

 

最新ニュース